PR | 仙台でプランセンタを打つなら | 渋谷で脚痩せサロンといえば | エナジーテラピーで体調管理 | リンパマッサージの資格取得方法なら

私はカラーセラピストの資格を持っていて、日常の生活に役立てています。毎日の生活の中で、気分がいい時と嫌で何もしたくない時がありますね。そんな時、ぼうっとすることもありました。しかしその時に、色を使うことにより自分の気分を変えることができると知ったら、とても良いことがあるのです。ここでは、普段の生活の中でいろいろな色の洋服を気分に合わせて変化させていることについてご紹介します。

・気分が冴えない時
気分が冴えない時には、そんなに話したくない、じっとしていたいと思うことがあります。誰でも一人になりたいと思うことがありますね。その時、周りの人たちがワイワイ行っていたりすると、いらいらすることがありませんか?そんな気分の時には、グレーなどの色の洋服を着ることにしています。すると、周りの人からそんなに話しかけられることがありません。それは不思議な事ですが、なんとなく元気がないと思われて話しかけることができないのかもしれませんね。

・気分がハッピーな時
気持ちが盛り上がっていて、どこかに出かけたいと思った時にはパステルカラーの洋服を着ることにしています。それは、デートの時などは特にそうですね。自分の気持ちを盛り上げることができるし、その色で自分の気持ちを表現することができます。色というのは、そう思うととても役に立つと思うことができます。

・しっとりとしたい時
じっとしていたいと思った時に、黒を選ぶことがあります。トップスで黒い色を使うこともあるし、ボトムスで使うこともあります。どこかに黒い色の洋服にすることにより、じっとしてその場所でいることができると思うのです。目立ちたくないと思う気持ちがありますね。

・華やかな席に参加する時
華やかな席に参加するときは、自分にとって上品と思える色を選択することにしています。その色というのは、ブラウン系です。ブラウンを着ると、不思議と上品さを出すことができます。

私にとっていろいろな色の洋服をその日の気分により変えることは、とても大切な日常となっています。

PR|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|AGAでお悩み解決|英語上達の秘訣|エステサロンを上手に利用する情報サイト|クレジットカードの即日発行じゃけん|ダイエットチャレンジ100日|生命保険の口コミ.COM|お家の見直ししま専科|お小遣いNET|工務店向け集客ノウハウ|マーケティング経営研究.net|英会話ノウハウ勉強会|